Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ管理者の情報294件が一時閲覧可能に - アドウェイズ

インターネットやモバイル向け広告を展開するアドウェイズは、294件の個人情報が一時外部より閲覧可能となり、流出したと発表した。

今回漏洩したのは、同社サービスへ登録している一部ウェブ管理者に関する情報。システム作業上の人的ミスにより、3月1日から7日まで同社サービスの管理画面が外部より閲覧可能になっていたもので、3月7日に判明した。

同社に登録する288件のウェブサイトについて、専用画面にアクセスできる状態だったほか、インターネット上にデータが残存したことで、72件のウェブ情報が閲覧できたという。そのうち66件が重複していたため、流出件数は294件だった。

外部から閲覧できた情報は、ウェブ管理者の氏名やメールアドレスといった個人情報のほか、サイト名やURL、サイト内容、閲覧数、パートナーID、カテゴリー、登録日など。同社では該当者に対して個別に連絡、経緯を説明した上で謝罪したという。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず