Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム「TANTRA」のサーバが不正アクセス被害 - 個人情報は無事

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社が運営するオンラインゲーム「TANTRAゲームサービス」のサーバが不正アクセスを受けたと発表した。サーバ内への侵入は許していないが、外部から命令が実行され、一部ファイルが削除される被害が発生したという。

同社によれば、3月15日午前10時25分ごろに同ゲームのログインサーバへ第三者が不正アクセスを行った形跡を確認したという。同社では緊急メインテナンスを実施して調査した結果、外部よりアトラクションIDやパスワードを格納しているデータファイルを削除されていることが判明した。

同社では、今回の不正アクセスで、サーバ内への侵入は確認されておらず、情報漏洩などは発生していないとしている。また同日中に原因究明などメインテナンスを完了し、再発防止策などを実施した上で午後8時にサービスを再開した。

今回の事件を受け、同社では安全へ配慮し、アトラクションIDのパスワードを一括で強制変更した。また、同社では緊急メインテナンスの補償措置として、対象ユーザーへポイントの追加などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生