Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大病院の元医師が患者情報50件を紛失 - 自販機で買い物した隙に盗難

東京大学医学部附属病院は、元非常勤医師が2月28日に同院の患者情報50件を紛失したと発表した。

同院の元医師は、USBメモリ内に同院患者の個人情報を保存し持ち歩いていたが、現在の勤め先からの帰宅途中、自動販売機で買い物をした隙に盗まれたという。同医師は、すでに2006年秋ごろ退職しており、現在都内の病院勤務に勤務している。

保存されていた個人情報は、2003年7月から2006年6月までに診療した患者情報50件で、氏名、ID、性別、生年月日、診療日、手術名、病名、電話番号、担当医師名といった個人情報が含まれる。同医師は事件後、警察へ被害届けを提出。同院では、関係する患者へ謝罪した。

同院では、日ごろから氏名やIDなど個人を特定できる情報の持ち出しを禁止していた。現在、外部へ持ち出すデータの自動暗号化ソフトの導入を進めているという。

(Security NEXT - 2007/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも