Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブの改ざんにより感染するトロイの木馬に注意 - 大手ソフト会社も被害に

ウェブサイトを閲覧しただけで感染する新種のトロイの木馬を発見したとしてウェブルート・ソフトウェアでは注意を喚起している。

新種のトロイの木馬は、悪意のあるJavaスクリプトを利用したもの。同社では数十件のホームページ改ざん被害を確認しており、有名なソフトウェアベンダーなども被害に遭っているという。同スクリプトでは、ドメイン「smeisp.cn」へ誘導するという。

同社では、ウェブブラウザを最新バージョンへアップデートするほか、問題サイトへのアクセスを遮断するなど対策するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電