Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアにも素早く対応できる全自動解析システム - セキュアブレイン

セキュアブレインは、マルウェアの解析を全自動で行うシステム「SecureBrain Zero-Hour Response System」の提供を開始した。

同システムは、ウイルスやスパイウェア、ボットなど、悪意あるプログラムを自動で解析するシステム。Win32プログラムの解析に対応しており、スピア型攻撃や新種ウイルスなどへ短時間で対応し、駆除ツールを作成することができる。

また解析結果のレポートは、XMLファイルとして提供される。同社によれば、セキュリティベンダーが公開しているウイルス情報と同レベル以上の内容をレポートでは提供するため、攻撃を受けた際の注意喚起などにも活用できるという。

(Security NEXT - 2007/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に