Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアにも素早く対応できる全自動解析システム - セキュアブレイン

セキュアブレインは、マルウェアの解析を全自動で行うシステム「SecureBrain Zero-Hour Response System」の提供を開始した。

同システムは、ウイルスやスパイウェア、ボットなど、悪意あるプログラムを自動で解析するシステム。Win32プログラムの解析に対応しており、スピア型攻撃や新種ウイルスなどへ短時間で対応し、駆除ツールを作成することができる。

また解析結果のレポートは、XMLファイルとして提供される。同社によれば、セキュリティベンダーが公開しているウイルス情報と同レベル以上の内容をレポートでは提供するため、攻撃を受けた際の注意喚起などにも活用できるという。

(Security NEXT - 2007/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委