Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信者、受信者が番号入力することでFAXの誤送信防止する「宛て先正くん」

NTTデータは、ファックスの誤送信を防止するアダプタ「宛て先正くん」を4月より発売する。

同製品は、ファックス送信時に、送信者と受信者それぞれにファックス番号の入力を求めることで誤送信を防止する専用アダプタ。

送信者は、電話番号とファックス番号を入力後に送信先へ電話し、受信者がファックス番号を話中に入力。両者の入力した番号が一致することではじめてファックスが送信できる。また、送信を行った宛先の電話番号とFAX番号をセットで記憶でき、2回目以降は相互認証を省略できる。

設置は利用中のファックス端末と回線の間に接続するだけで、回線種別を設定するだけで利用できる。ただし、通話が必要なためファックス備え付けの受話器か、別途電話機などを用意する必要。

(Security NEXT - 2007/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も