Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルス検索エンジンに脆弱性 - 再び「CCCクリーナー」にも影響

トレンドマイクロのウイルス検索エンジンに脆弱性が判明した。総務省と経済産業省が推進する「ボット対策プロジェクト」が配布するプログラムにも影響が出ている。

トレンドマイクロのウイルス検索エンジン「VSAPI 8.0」以降に脆弱性が判明したもので、悪意を持って作成された圧縮ファイルを検索すると異常終了するという。トレンドマイクロでは、脆弱性の重要度を「緊急」としており、問題を回避する定義ファイルの配布をすでに開始している。また次期検索エンジンで脆弱性を解消する予定だ。

また総務省と経済産業省が推進する「ボット対策プロジェクト」のポータルサイト「サイバークリーンセンター」を通じて1月25日から3月12日の午前中までに提供された「CCCクリーナー」にも同エンジンが搭載されており、同様の脆弱性が存在している。

両省によれば、脆弱性による問題は報告されていないが、対象期間にダウンロードした同ソフトをすみやかに削除してほしいとアナウンスしている。また、現在配布しているバージョンでは脆弱性が解消されているという。

今年2月にも、トレンドマイクロのウイルス検索エンジンに脆弱性が発見され、1月25日から2月9日にかけて配布された「CCC クリーナー」が影響を受けたばかりだった。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

サイバークリーンセンター
https://www.ccc.go.jp/

関連記事:政府配布のボット対策ツールに脆弱性見つかる
http://www.security-next.com/005452.html

(Security NEXT - 2007/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ