Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員宅からファイル交換ソフトで個人情報1万件が流出 - 春日部市

春日部市の職員が個人情報を自宅に持ち帰り、ウイルス感染によりファイル交換ソフト経由で流出していたことがわかった。

流出した個人情報は、国民健康保険の関連情報5196件や税金関連の情報6020件など流出件数は1万件以上にのぼるとみられているが、同市では、現在流出内容の詳細を調べている。

データの持ち出しを禁止していたが、同職員は、自宅作業を行うために業務情報を持ち帰っていた。

(Security NEXT - 2007/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から