Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJ信託銀、顧客情報の一部がShare流出 - 個人は特定できず

三菱UFJ信託銀行は、同社の顧客情報がShareネットワーク上へ流出したと発表した。情報から個人は特定できないという。

流出したデータは、同社2000年ごろにシステム開発会社へ受託していた顧客情報の一部。再委託先の元社員のパソコンからファイル交換ソフトShareを経由して流出したという。

顧客番号など数十件分に上るが、個人を特定できる情報が含まれていないとしている。同社では事故を受け、該当する顧客に対して事情説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る