Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASP型のウェブアプリケーション脆弱性診断サービス - MBSD

三井物産セキュアディレクションは、ASP型のウェブアプリケーション脆弱性診断サービス「WebSec ASPサービス」を、4月16日より提供開始する。

同サービスは、サイトの改ざんや個人情報流出などの原因となるウェブアプリケーションの脆弱性を検査し、セキュリティ診断をASPとして提供するもの。同社の専門家による脆弱性検査サービス「WebSecセキュリティサービス」で得たノウハウをもとに、検査エンジンを開発、脆弱性検査を低コストで実現した。

サイトの開発過程の中で、随時検査が可能。ソフトや機器の導入は必要なく、専用ウェブ画面からの操作で検査を実行できる。また、最新の脆弱性にも随時対応する。

価格は年間契約の場合で初期費用15万円、年間費用360万円。スポット契約の場合で、初期費用15万円、情報管理費用15万円、月次費用80万円となっている。

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院