Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASP型のウェブアプリケーション脆弱性診断サービス - MBSD

三井物産セキュアディレクションは、ASP型のウェブアプリケーション脆弱性診断サービス「WebSec ASPサービス」を、4月16日より提供開始する。

同サービスは、サイトの改ざんや個人情報流出などの原因となるウェブアプリケーションの脆弱性を検査し、セキュリティ診断をASPとして提供するもの。同社の専門家による脆弱性検査サービス「WebSecセキュリティサービス」で得たノウハウをもとに、検査エンジンを開発、脆弱性検査を低コストで実現した。

サイトの開発過程の中で、随時検査が可能。ソフトや機器の導入は必要なく、専用ウェブ画面からの操作で検査を実行できる。また、最新の脆弱性にも随時対応する。

価格は年間契約の場合で初期費用15万円、年間費用360万円。スポット契約の場合で、初期費用15万円、情報管理費用15万円、月次費用80万円となっている。

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委