Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ変換研究所、ネットワーク上を流れるパケットの機密情報を検出する「ArkSensor」

データ変換研究所は、ネットワークのパケット上の機密情報を検知するソフトウェア「ArkSensor」を開発した。LinuxベースでのOEM提供を開始する。

同製品は、同社の「テキスト抽出技術」「高速パターンマッチング技術」を応用したもの。WordやExcel、一太郎ファイル、PDFなどメールの添付ファイルをはじめ、ネットワークのパケットに含まれる機密情報や個人情報をリアルタイムに検知できる。

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から