Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フェリシモが再発防止策を発表セキュリティ強化を実施

フェリシモは、事故を受け、再発防止策などセキュリティの強化策を発表した。

今回発生した事故は、同社が展開するウェブサイトにおいて2月21日に午前4時から10時ごろまで断続的に顧客の情報が関係ない別の顧客が確認できる状況になったもの。

ネットワークの増強において負荷分散装置のキャッシュ機能の設定を誤ったために発生。最大4324名に影響が出た。事故後、同社では顧客へ事情説明や関連団体へ事故報告などを実施していた。

同社では再発防止をめざし、対策会議を開き、管理体制の再点検や従業員教育のほか、個人情報証跡システムの管理強化、業務責任範囲の明確化、複数の退避プランを作成、情報共有とチェック機能の強化などを緊急対策として実施する。またコンプライアンス委員会による検証や監督を継続的に実施するという。

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも