Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力で個人情報約47万件の紛失が判明 - 社内調査で明らかに

東京電力は、関東や東海地方の支店において個人情報約47万件を記録したマイクロフィルムの紛失が発覚したと公表した。

所在がわからなくなっているマイクロフィルムは、東京都や栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、神奈川県、山梨県、静岡県の顧客情報が記載したもの。東京支店の23万6958件をはじめ、群馬支店の5万8048件や茨城支店の4万6841など、合計46万6910件が含まれる。

いずれも1999年から2004年までの契約情報で、氏名や住所、電話番号のほか、口座番号や使用量、請求額なども記録されていた。

同社では2月に千葉支店で11万件の紛失が判明しており、他支店についても保管状況の調査を実施していた。同社では、探索したが発見できなかったことから紛失届けを警察へ提出。同社では誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも