Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力で個人情報約47万件の紛失が判明 - 社内調査で明らかに

東京電力は、関東や東海地方の支店において個人情報約47万件を記録したマイクロフィルムの紛失が発覚したと公表した。

所在がわからなくなっているマイクロフィルムは、東京都や栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、神奈川県、山梨県、静岡県の顧客情報が記載したもの。東京支店の23万6958件をはじめ、群馬支店の5万8048件や茨城支店の4万6841など、合計46万6910件が含まれる。

いずれも1999年から2004年までの契約情報で、氏名や住所、電話番号のほか、口座番号や使用量、請求額なども記録されていた。

同社では2月に千葉支店で11万件の紛失が判明しており、他支店についても保管状況の調査を実施していた。同社では、探索したが発見できなかったことから紛失届けを警察へ提出。同社では誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避