Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力で個人情報約47万件の紛失が判明 - 社内調査で明らかに

東京電力は、関東や東海地方の支店において個人情報約47万件を記録したマイクロフィルムの紛失が発覚したと公表した。

所在がわからなくなっているマイクロフィルムは、東京都や栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、神奈川県、山梨県、静岡県の顧客情報が記載したもの。東京支店の23万6958件をはじめ、群馬支店の5万8048件や茨城支店の4万6841など、合計46万6910件が含まれる。

いずれも1999年から2004年までの契約情報で、氏名や住所、電話番号のほか、口座番号や使用量、請求額なども記録されていた。

同社では2月に千葉支店で11万件の紛失が判明しており、他支店についても保管状況の調査を実施していた。同社では、探索したが発見できなかったことから紛失届けを警察へ提出。同社では誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2007/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収