Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住商情報システム、Share流出ファイルの拡散状況を確認できる「Sharebot」を提供 - 個人利用は無償

住商情報システムは、Shareネットワークを可視化することで、ファイルがどのノードに存在するか特定なできるシステム「Retina Sharebot」の提供を開始した。

同システムは、米eEye Digital Securityが開発した「Share EX2」ネットワークの可視化システム。Shareネットワーク上に存在するノードの1つとして動作することで、ほかのノードが持つキー情報をマルチスレッドで取得してデータベースを作成。

キー情報には交換可能ファイル名やハッシュ、ファイルの存在するノードのIPアドレスとポートなどが含まれており、ファイル名やハッシュ名を指定することで、ファイルの完全キャッシュが存在するノードを検索できる。

今回、個人向けと企業向けの2種を用意。巡回スレッド数の上限を40とした「Retina Sharebot Personal Edition」は、個人利用に限り無償で利用できる。

また、巡回スレッド数が65535まで設定でき、高速巡回に対応した「Retina Sharebot Professional Edition」は、ネットワーク脆弱性検査ツール「eEye Retina」のエンタープライズライセンス/コンサルティングライセンスを100IPパック以上購入したユーザーに無償で提供される。

(Security NEXT - 2007/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携