Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアダウンロードする「W32/Nuwar」の蔓延続く - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構は、2月のコンピュータウイルスや不正アクセスに関する届出状況をまとめ、公表した。

ウイルスの検出数は、前月と比較して約3割減少し、約69万個となった。一方、届出件数は3098件で前月から1割弱程度の減少にとどまっている。検出数の1位は、W32/Netskyがトップで約51万個。W32/Nuwarの約6万個、W32/Salityの約4万個があとに続いた。

同機構では、昨年末に登場したマスメール配信型ウイルスの「W32/Nuwar」が、2月も引き続き高水準で検出されていることから警戒を強めている。同ウイルスはメールで拡散するが、感染すると他の不正ソフトをダウンロードし、情報漏洩など二次被害が発生する可能性がある。

不正アクセスは、23件の届出があり、14件に被害が確認されている。また相談件数も50件に達し、28件で被害が発生した。目立った被害としては侵入の6件で、踏み台にされたケースが5件を占め、フィッシング詐欺サイトを設置されたケースも1件あった。

同機構に寄せられた全相談件数は、前月の946件を上回って1019件となり、大台を突破した。ワンクリック不正請求の相談が287件。前月の233件から増加傾向にあり、調査開始以来最悪の状況だった。また、Winnyに関連する相談は14件と前月とほぼ同水準だった。

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催