Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアダウンロードする「W32/Nuwar」の蔓延続く - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構は、2月のコンピュータウイルスや不正アクセスに関する届出状況をまとめ、公表した。

ウイルスの検出数は、前月と比較して約3割減少し、約69万個となった。一方、届出件数は3098件で前月から1割弱程度の減少にとどまっている。検出数の1位は、W32/Netskyがトップで約51万個。W32/Nuwarの約6万個、W32/Salityの約4万個があとに続いた。

同機構では、昨年末に登場したマスメール配信型ウイルスの「W32/Nuwar」が、2月も引き続き高水準で検出されていることから警戒を強めている。同ウイルスはメールで拡散するが、感染すると他の不正ソフトをダウンロードし、情報漏洩など二次被害が発生する可能性がある。

不正アクセスは、23件の届出があり、14件に被害が確認されている。また相談件数も50件に達し、28件で被害が発生した。目立った被害としては侵入の6件で、踏み台にされたケースが5件を占め、フィッシング詐欺サイトを設置されたケースも1件あった。

同機構に寄せられた全相談件数は、前月の946件を上回って1019件となり、大台を突破した。ワンクリック不正請求の相談が287件。前月の233件から増加傾向にあり、調査開始以来最悪の状況だった。また、Winnyに関連する相談は14件と前月とほぼ同水準だった。

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON