Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアダウンロードする「W32/Nuwar」の蔓延続く - IPAが注意呼びかけ

情報処理推進機構は、2月のコンピュータウイルスや不正アクセスに関する届出状況をまとめ、公表した。

ウイルスの検出数は、前月と比較して約3割減少し、約69万個となった。一方、届出件数は3098件で前月から1割弱程度の減少にとどまっている。検出数の1位は、W32/Netskyがトップで約51万個。W32/Nuwarの約6万個、W32/Salityの約4万個があとに続いた。

同機構では、昨年末に登場したマスメール配信型ウイルスの「W32/Nuwar」が、2月も引き続き高水準で検出されていることから警戒を強めている。同ウイルスはメールで拡散するが、感染すると他の不正ソフトをダウンロードし、情報漏洩など二次被害が発生する可能性がある。

不正アクセスは、23件の届出があり、14件に被害が確認されている。また相談件数も50件に達し、28件で被害が発生した。目立った被害としては侵入の6件で、踏み台にされたケースが5件を占め、フィッシング詐欺サイトを設置されたケースも1件あった。

同機構に寄せられた全相談件数は、前月の946件を上回って1019件となり、大台を突破した。ワンクリック不正請求の相談が287件。前月の233件から増加傾向にあり、調査開始以来最悪の状況だった。また、Winnyに関連する相談は14件と前月とほぼ同水準だった。

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院