Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

首都高、メール送信ミスでモニター191名のアドレスを流出

首都高速道路は、3月2日にモニター191名へ案内メールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、「高速埼玉線ご利用実態調査」の一環として、ETCキャンペーンへの応募者に対し送信した「アンケートのお願い」メール。アドレスを誤って「宛先」欄に入力したため、191名全員のアドレスが表示された状態で送られた。

今後は社員に対する教育を強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装