Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振り込み詐欺が45%減少、架空請求の検挙率は97%

振り込め詐欺の認知件数が2007年1月は906件となり、2006年12月の1643件から45%減少したことが警察庁のまとめによりわかった。振り込め詐欺の被害総額も約26億円から10億円と4割以下となった。

昨年1年間の月平均1544件から見ても大幅な減少で、既遂事件に対する検挙率も昨年平均約16%から27%へ向上した。本人確認法が改正となり、1月4日より施行され、ATMからは現金10万円以上の振り込みができなくなったことが影響したと見られている。

被害金額ベースでみると、2004年から緩やかな減少傾向を見せていたものの2006年は被害金額も平均20億円と考えると約半分の水準となった。一方で、平均被害額を見てみると昨年の月平均137万から113万円と依然多額の振り込みも発生していることがわかる。

架空請求を見てみると、認知件数が286件から134件と減少。昨年末も8割弱と高い検挙率だったが、1月は認知件数134件に対し、130件が検挙されており、97%と高い検挙率となっている。

(Security NEXT - 2007/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業