Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書留郵便物配達証など2104枚をシュレッダーで誤廃棄 - 魚沼中条郵便局

日本郵政公社は、新潟県魚沼中条郵便局において、書留郵便物配達証やゆうパック配達証など2104枚を、不要書類とともに誤って廃棄したと発表した。

誤って廃棄されたのは、書留郵便物配達証の局控え764枚、同配達証764枚、ゆうパック配達証504枚、EXPACK500配達証72枚の計2104枚。受取人と差出人の氏名、住所、電話番号、配達予定日、配達希望時間帯、内容品名などが記載されていた。

いずれも2007年1月に取り扱ったもので1年間は保存されるはずであったが、2月8日に誤って不要書類とともに裁断処理されたという。処理は局内のシュレッダーで行われており、誤廃棄に伴う個人情報の流出はないとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク