Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、ADSLサービスの解約手続き漏れで料金返還を実施

KDDIは、同社ADSLサービスの一部顧客について、解約漏れによる料金の過徴収があったとして、返還を実施する。

同社によれば、「DION ADSL」サービスから電話回線を合わせて提供する「KDDIメタルプラス」へ移行した顧客に対し、契約内容の確認が徹底されていなかったため、「DION ADSL」の解約を申し出ていない場合、サービスの切り替え後も「DION ADSL」の料金を請求していたもの。

現在、両サービスの料金を徴収している契約は、1014契約で、請求金額の合計は4008万3483円に上るという。また、DION ADSLの解約数は約9000契約あり、同社では調査を進めている。

同社では、DION ADSLからメタルプラスへ移行した際、メタルプラスが開通した時点で解約したものとして再計算し、料金を返還。解約後1年を経過した場合、顧客情報を確認できないため、重複期間が確認できる顧客についてはDION ADSLの料金を返還する。

同社では、契約内容の確認の徹底を実施し、再発を防止したいとしている。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市