Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、ADSLサービスの解約手続き漏れで料金返還を実施

KDDIは、同社ADSLサービスの一部顧客について、解約漏れによる料金の過徴収があったとして、返還を実施する。

同社によれば、「DION ADSL」サービスから電話回線を合わせて提供する「KDDIメタルプラス」へ移行した顧客に対し、契約内容の確認が徹底されていなかったため、「DION ADSL」の解約を申し出ていない場合、サービスの切り替え後も「DION ADSL」の料金を請求していたもの。

現在、両サービスの料金を徴収している契約は、1014契約で、請求金額の合計は4008万3483円に上るという。また、DION ADSLの解約数は約9000契約あり、同社では調査を進めている。

同社では、DION ADSLからメタルプラスへ移行した際、メタルプラスが開通した時点で解約したものとして再計算し、料金を返還。解約後1年を経過した場合、顧客情報を確認できないため、重複期間が確認できる顧客についてはDION ADSLの料金を返還する。

同社では、契約内容の確認の徹底を実施し、再発を防止したいとしている。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス