Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台市、盗難に遭ったガス管工事申込者の個人情報を回収

仙台市は、業務委託先が車上荒らしの被害に遭い、ガス管取替工事申込者の個人情報19件を含む書類を一時紛失したが、21日にすべて回収した。

盗難に遭ったのは、ガス管取替工事申込者に関する個人情報24件が記載された書類。氏名、住所、電話番号、住宅の間取図や周辺の地図などが含まれる。2月15日に委託業者の作業用車両が車上荒らしに遭い、鞄ごと盗まれた。その後付近に散乱していた5件分の書類は回収できたが、残りの19件分については行方がわからなくなっていた。

2月21日に、盗難現場付近の住人よりファイルに綴じられた状態の書類を拾得したという連絡があり、同市職員が訪問して回収。同日中に委託業者へ返還され、紛失した書類であることが確認されたという。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院