Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研と筑波大が10Gbpsで動作するIPSを開発 - FPGAを応用

産業技術総合研究所と筑波大学は、10Gbpsの通信速度に対応する侵入防御装置の試作に成功と発表した。

筑波大学の研究をもとに書き換え可能なLSIチップ「FPGA」を用いたハードウェアを産総研で試作。1200種類の検知ルールを設けて10Gbpsの速度で実験したところ、遅延なく動作することを確認したという。次世代の百Gbpsにも対応するという。

産総研は今回の実験にあたり、東京都立産業技術研究センターやデュアキシズ、ビッツと擬似的な侵入や攻撃を含んだ通信データを10Gbpsの速度で送信するネットワーク模擬攻撃装置を開発している。

産総研では、2006年11月にFPGAを用いてウイルスチェックを10Gbpsの速度で対応行えるシステムを開発、発表している。

(Security NEXT - 2007/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに