Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、原発業務用PCを紛失 - 機微情報や個人情報は含まれず

東芝は、関係会社が同社府中事業所において原子力関連の業務情報を含んだ作業用パソコンを紛失したと発表した。

所在不明となっているパソコンには、原子力関連業務に用いられており、関連データが保存されていた。核物質や原子力発電所の保安に関する情報や顧客情報などは含まれないという。同社によると、紛失当時の状況から、2月16日夜から18日にかけて盗難に遭ったと判断し、20日に警察へ被害を届けた。

同社では、同パソコンに二重のパスワード設定とデータ暗号化など対策を実施しており、データが流出する可能性は低いとしている。また該当する取引先に対し、説明と謝罪をした。

(Security NEXT - 2007/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応