Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託会社の誤送信で顧客のアドレス394件を流出 - ハドソン運営サイト

ハドソンは、2月14日に同社が運営するiモードサイトにおいて告知メールを送信した際、委託会社の操作ミスにより利用者のアドレス394件が表示された状態で送られたと発表した。

誤送信が発生したのは、同社運営のiモードサイト「デ・ジ・キャラットにょ」における告知メール。メール配信委託会社が顧客394名に送信した際、操作ミスにより全員のアドレスが表示された状態で送られた。

同社では該当する顧客に対し、経緯と今後の対策について説明するとともに、委託会社への指導を強化するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上