Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャックス会員の個人情報15万人分が流出 - 被害額は667万円

ジャックスの業務委託先からクレジットカード会員の個人情報15万件が流出したことがわかった。詐欺グループにより49会員の情報が不正に利用され、667万2989円の被害が発生しているという。

同社がダイレクトメールの作成を委託した大日本印刷から流出したもの。流出したのは、2005年2月までに入会し、生年月日が1935年6月25日から1975年2月27日までで、2005年当時に神奈川以北に住んでいた一部顧客。流出件数は15万件にのぼり、氏名や住所、性別、生年月日、電話番号のほかクレジットカード番号や有効期限が含まれる。

今回の流出事件では、2006年にカード会員の不正使用による通信販売の詐欺事件が発生。ジャックスや大日本印刷では警視庁の捜査へ協力していた。

その後、インターネット詐欺事件の容疑3名が逮捕。さらに2007年2月1日に詐欺事件の容疑者へ持ち出した個人情報を売り渡していた大日本印刷の業務委託先の元社員が逮捕され、個人情報の持ち出しが明らかになった。個人情報を持ち出した元社員は、大日本印刷の電算処理室に2006年3月まで務めており、勤務中に不正にデータを持ち出したと見られている。

ジャックスでは、該当する顧客へ謝罪、新しいクレジットカードを発行するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多