Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台市、消防署職員のPCから火災関連情報が流出 - P2Pソフト経由で

仙台市は、消防署職員の私用パソコンから、個人情報26件を含む火災関連情報ファイルが、ファイル交換ソフトを介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、若林消防署の職員が2004年ごろに作成した業務用ファイル。火災原因判定書、簡易火災原因判定書、損害調査書など60ファイルで、氏名、住所、電話番号、生年月日などの個人情報26件や法人情報7件なども含まれる。

2月13日に流出を指摘するメールが同市に送られたことで判明。同市が調べたところ、流出したファイルは職員所有の私用パソコンの外付けハードディスクに保存されたままとなっており、ウイルス感染により流出したと見られている。同市では該当する個人や法人に謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に