Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールら、メールのセキュリティ対策機能を統合したアプライアンスを発表

センドメールとクラスキャットは、メールのセキュリティ対策機能を統合したアプライアンスを提供すると発表した。販売はダイワボウ情報システムが行う。

同製品は、クラスキャットの「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.1」やセンドメールの「Mailstream Manager」「Mailstream Manager Anti-Spam Option」を採用したLinuxベースのメールセキュリティ対策アプライアンス。

IBMのx86サーバ「IBM System x 3550」および「同3650」のExpressポートフォリオ対応モデルを採用。SMTP認証やウイルス対策、スパムメールのフィルタリング機能のほか、「Outbound Port 25 Blocking」「サブミッションポート」などを搭載しており、一元管理を実現している。

センドメールとクラスキャットでは、日本IBMのビジネスパートナーを販売網を構築していく予定。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起