Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールら、メールのセキュリティ対策機能を統合したアプライアンスを発表

センドメールとクラスキャットは、メールのセキュリティ対策機能を統合したアプライアンスを提供すると発表した。販売はダイワボウ情報システムが行う。

同製品は、クラスキャットの「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.1」やセンドメールの「Mailstream Manager」「Mailstream Manager Anti-Spam Option」を採用したLinuxベースのメールセキュリティ対策アプライアンス。

IBMのx86サーバ「IBM System x 3550」および「同3650」のExpressポートフォリオ対応モデルを採用。SMTP認証やウイルス対策、スパムメールのフィルタリング機能のほか、「Outbound Port 25 Blocking」「サブミッションポート」などを搭載しており、一元管理を実現している。

センドメールとクラスキャットでは、日本IBMのビジネスパートナーを販売網を構築していく予定。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス