Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紀美野町、消防関係者131名の個人情報が流出 - P2Pソフト経由で

和歌山県紀美野町は、消防本部職員の自宅パソコンから、消防関係表彰者131名分の個人情報がファイル交換ソフトを介して流出したと発表した。

流出したのは、2007年消防訓練初め式で表彰された消防関係者131名の氏名、分団名、部、階級などで、一部配偶者名も含まれる。消防訓練初め式で来賓等招待者に配布された資料だという。また、条例改正案や昨年の会議資料などの業務情報も含まれていた。

2月13日に総務省より流出の指摘があり、調査の結果、消防本部職員のパソコンから流出していることが判明した。同職員は自宅で作業する目的で業務ファイルを職場からメール送信し、自宅のパソコンに保存したところ、ファイル交換ソフトを介して流出したと見られている。

流出の対象となった関係者に対しては、町長が謝罪し、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
GitHubアカウントに不正アクセス、一部ソースコード流出か - Progate
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明