Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

紀美野町、消防関係者131名の個人情報が流出 - P2Pソフト経由で

和歌山県紀美野町は、消防本部職員の自宅パソコンから、消防関係表彰者131名分の個人情報がファイル交換ソフトを介して流出したと発表した。

流出したのは、2007年消防訓練初め式で表彰された消防関係者131名の氏名、分団名、部、階級などで、一部配偶者名も含まれる。消防訓練初め式で来賓等招待者に配布された資料だという。また、条例改正案や昨年の会議資料などの業務情報も含まれていた。

2月13日に総務省より流出の指摘があり、調査の結果、消防本部職員のパソコンから流出していることが判明した。同職員は自宅で作業する目的で業務ファイルを職場からメール送信し、自宅のパソコンに保存したところ、ファイル交換ソフトを介して流出したと見られている。

流出の対象となった関係者に対しては、町長が謝罪し、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正