Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪ガス、委託会社が顧客情報入り携帯端末を紛失

大阪ガスは、2月14日、ガス設備調査を委託している大阪ガス・カスタマーリレーションズの社員が、顧客情報239件を含む携帯端末を紛失したと発表した。

紛失したのはガス設備調査用の携帯端末で、顧客239名分の氏名、住所、電話番号、訪問予定日などが記録されていた。顧客宅への移動中に紛失したと見られ、警察に届け出るとともに移動経路を捜索している。

端末およびメモリカードには、パスワードやデータの読込制限などのセキュリティ措置が講じられているという。同社では該当する顧客宅を訪問し、説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行