Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井生命の顧客情報86件が流出 - 流出原因は調査中

三井生命は、個人情報を含むグループ生命保険の加入者リストが流出していることが判明したと発表した。

流出がわかったのは、同社が受託する千葉県保険医協会共済制度におけるグループ生命保険の加入者情報86件。氏名、年齢、加入番号、保険金額のほか、勤め先である病院の住所や電話番号などが含まれる。

2月13日に流出が判明し、警察へ被害を届けたという。同社では流出原因や経路について調査を進めている。また関連する顧客へ事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス