Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉銀行から個人情報76件が流出 - Winny削除ミスが原因か

千葉銀行の顧客情報がWinnyネットワーク経由で流出していたことがわかった。

同行行員宅にある私用パソコンから流出したことが2月14日に発覚したもの。同パソコンにはWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染したことで流出した。流出した情報は、2005年3月から4月に作成された資料で、個人や法人顧客の資料で、氏名や取引内容など76件の個人情報が含まれる。また法人の名称、所在地など95件も含まれる。

行員は2003年から2004年にかけてWinnyを利用。その後、削除したつもりだったが実際には削除されておらず流出したという。また同行では業務情報の削除を指導していたが守られていなかった。

同行では、関連する顧客へ謝罪、説明を行っている。またファイル交換ソフトの導入状況や顧客資料の持ち出しについて再確認を実施するという。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ