Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で別会員の個人情報を誤表示 - オズモール

スターツ出版が運営する女性向け情報サイト「オズモール」において、ログイン時に別の会員の個人情報が誤って表示される事故が発生した。

同社によれば、誤って表示されたことが確認されているのは2名分だが、最大106名の個人情報が誤表示された可能性があるという。誤表示された情報は、会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスなど。

今回の誤表示は、2月7日10時から10日13時30分の間、「シングル・サインオン」システムを利用した一部会員で発生する可能性があり、「ウエディング資料請求」にログインした場合、別の会員1名の個人情報が表示されたおそれがあるという。

また同じ条件で「OZネタ&毎日プレゼント及びオズモールウエディング」にアクセスした場合、別の会員のニックネームが表示され、そのニックネームでプレゼント応募や掲示板投稿が可能だった。

原因は「シングル・サインオン」システムの不具合で、すでに修正は完了している。また同社では、他のサービスに影響はないとしているが、今後の経過についてホームページで報告するとしている。

(Security NEXT - 2007/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ