Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、楕円曲線暗号を利用した加Certicomの製品を取扱開始

マクニカは、加Certicomの暗号製品の取り扱いを開始した。

Certicomは、カナダのウォータールー大学教授であるScott Vanstone氏が設立した会社で、楕円曲線暗号(ECC)を利用した製品を開発している。同社によれば、同暗号技術では、暗号の強度を保ちながら鍵長を短くでき、アクセス時間の短縮や、必要メモリ容量や消費電力などを節約できるという。

マクニカでは、FIPS140-2の認定を受けた「Certicom Security Architecture」の提供を開始。同製品ではECCのNSA規格に準拠しており、標準APIを利用できるため、既存製品への組み込みなどもスムーズに行えるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も