Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、楕円曲線暗号を利用した加Certicomの製品を取扱開始

マクニカは、加Certicomの暗号製品の取り扱いを開始した。

Certicomは、カナダのウォータールー大学教授であるScott Vanstone氏が設立した会社で、楕円曲線暗号(ECC)を利用した製品を開発している。同社によれば、同暗号技術では、暗号の強度を保ちながら鍵長を短くでき、アクセス時間の短縮や、必要メモリ容量や消費電力などを節約できるという。

マクニカでは、FIPS140-2の認定を受けた「Certicom Security Architecture」の提供を開始。同製品ではECCのNSA規格に準拠しており、標準APIを利用できるため、既存製品への組み込みなどもスムーズに行えるとしている。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
セシール通販サイトに不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大