Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リサイクルPC取扱事業者に資格制度 - PCにラベル貼付し安全をアピール

中古情報機器協会は、中古パソコンなどの取扱事業者に対し、データの完全消去などを行っているか審査して、適切な対応をしている事業者を認定する「RITEA 認定中古情報機器取扱事業者」資格制度を開始した。

同制度は、中古パソコンを安全に取引するための基準を設定し、その基準を満たす事業者に対して認定資格を付与するもの。使用済みパソコンからの情報が流出するといった事故も多発しており、客観的に判断が行える基準を設定した。

認定資格は「買取(引取)」「再生工事(データ消去)」「販売」の3分野、33項目から構成されている。資格を取得した事業者は同協会のホームページ上に掲載されるほか、「再生工事(データ消去)」の資格を取得した事業者の販売する機器には、「RITEA 認定中古情報機器事業者ラベル」が貼られる。

また同協会では、使用済みパソコンからの情報流出防止に向けた「情報機器の売買・譲渡時におけるハードディスクのデータ消去に関するガイドライン」を策定した。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委