Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リサイクルPC取扱事業者に資格制度 - PCにラベル貼付し安全をアピール

中古情報機器協会は、中古パソコンなどの取扱事業者に対し、データの完全消去などを行っているか審査して、適切な対応をしている事業者を認定する「RITEA 認定中古情報機器取扱事業者」資格制度を開始した。

同制度は、中古パソコンを安全に取引するための基準を設定し、その基準を満たす事業者に対して認定資格を付与するもの。使用済みパソコンからの情報が流出するといった事故も多発しており、客観的に判断が行える基準を設定した。

認定資格は「買取(引取)」「再生工事(データ消去)」「販売」の3分野、33項目から構成されている。資格を取得した事業者は同協会のホームページ上に掲載されるほか、「再生工事(データ消去)」の資格を取得した事業者の販売する機器には、「RITEA 認定中古情報機器事業者ラベル」が貼られる。

また同協会では、使用済みパソコンからの情報流出防止に向けた「情報機器の売買・譲渡時におけるハードディスクのデータ消去に関するガイドライン」を策定した。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取