Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHK、名古屋と鹿児島で個人情報の紛失事故が発生

NHK名古屋放送局や同鹿児島放送局において個人情報を紛失する事故が発生した。

名古屋放送局においては、1月29日に放送センター職員に貸与していたノートパソコンの紛失が判明。職員同士でやり取りしたメールのほか、外部関係者20名のメールアドレスなどが保存されていた。同局では紛失届を提出するとともにパソコンの捜索を続けているという。

また鹿児島放送局では、昨年10月12日に金融機関で受け付けた受信料の収納帳票12件を紛失した。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、口座名義、届印などが記載されている。局内で紛失した可能性が高いとしているが、2月8日時点ではまだ見つかっていない。

同局では、いずれも該当する関係者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス