Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ルートキット」知らないユーザー9割超 - IPA意識調査

「ルートキット」や「ボット」などが出回るなど、インターネット上の脅威がより複雑かつ巧妙になる一方で、それらに対して十分な知識を持つユーザーが少ないことが情報処理推進機構の意識調査により明らかとなった。

同機構が実施した「情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査」により判明したもの。同アンケートは、2006年11月15日から16日にかけて、15才以上のインターネット利用者を対象に実施したもので、有効回答数は5316名。

同調査では、情報セキュリティの理解度などを調査したところ、「コンピュータウイルス」を知っていると答えたユーザーは97.8%で、6割が正しい理解を示すなど、高い数値を示した。

しかし、2006年の後半に増加した「セキュリティソフトの押し売り行為」は、7割以上が耳にしておらず、「ボット」や「ルートキット」にいたっては、それぞれ85%、92.2%のユーザーが言葉さえ知らない状況。犯罪目的など悪質化が進むインターネット上の脅威に対する知識不足が浮き彫りとなった。

セキュリティ対策についても遅れが目立っている。パスワードの定期的な変更は、「実施していない(45.7%)」「わからない(8.0%)」としたユーザーが半数以上で、パスワードを自分自身で定期的に変更していると答えたユーザーは34%にとどまった。セキュリティパッチの適用も「実施していない(8.7%)」「わからない(15.4%)」と合わせて約2割ユーザーがセキュリティ対策に無関心な状況となっている。

被害経験も増えている。「ウイルス感染」が41.1%で最も多く、次いで「パソコン起動異常やシステムの不調」が33.9%、「ワンクリック詐欺」が10.9%、「不正アクセス」が8.5%となった。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定