Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイアタックへの防御機能を搭載したセキュリティソフト最新版 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、企業向け総合セキュリティソフトの最新版「F-Secureアンチウイルス クライアントセキュリティ Ver7」を2月14日より出荷開始する。

同ソフトは、ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール、侵入防止、アプリケーション制御を統合した企業向け統合セキュリティソフト。最新版では、未知の攻撃を防御するホストベース侵入検知機能「F-Secure DeepGuard」があらたに搭載した。

また、プログラムの振舞検知技術によりシステム深部に潜むルートキットを検知する「F-Secure BlackLight」を搭載するとともに、2つの独立したスパイウェアエンジンにより検出率と駆除機能を強化した。さらに「F-Secureポリシーマネージャ」により、インストールや設定などを集中管理してセキュリティレベルを統一することができる。

価格は100ユーザーで39万9000円。500ユーザーで115万5000円。なお、Windows Vista対応のVer7.1のベータ版が同社サイト上で公開されている。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK