Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイアタックへの防御機能を搭載したセキュリティソフト最新版 - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、企業向け総合セキュリティソフトの最新版「F-Secureアンチウイルス クライアントセキュリティ Ver7」を2月14日より出荷開始する。

同ソフトは、ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール、侵入防止、アプリケーション制御を統合した企業向け統合セキュリティソフト。最新版では、未知の攻撃を防御するホストベース侵入検知機能「F-Secure DeepGuard」があらたに搭載した。

また、プログラムの振舞検知技術によりシステム深部に潜むルートキットを検知する「F-Secure BlackLight」を搭載するとともに、2つの独立したスパイウェアエンジンにより検出率と駆除機能を強化した。さらに「F-Secureポリシーマネージャ」により、インストールや設定などを集中管理してセキュリティレベルを統一することができる。

価格は100ユーザーで39万9000円。500ユーザーで115万5000円。なお、Windows Vista対応のVer7.1のベータ版が同社サイト上で公開されている。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス