Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、解約者22万名の情報を含む光ディスクを紛失

KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話サービス「au」の解約者情報を紛失したと発表した。

栃木県内にある同社小山テクニカルセンター内で解約者22万4183名分が保存された光ディスクの所在がわからなくなったもので、同ディスクには、氏名や住所、生年月日、電話番号のほか、解約した携帯電話番号や管理用コードなどが個人情報が保存されている。クレジットカードや引き落とし口座、通話情報は含まれていなかった。

紛失したディスクは、2007年1月15日に作成したもので、本来施錠管理されるはずだったという。同社では、段ボールに紛れ込むなど、誤って廃棄業者の手に渡った可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大