Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、解約者22万名の情報を含む光ディスクを紛失

KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話サービス「au」の解約者情報を紛失したと発表した。

栃木県内にある同社小山テクニカルセンター内で解約者22万4183名分が保存された光ディスクの所在がわからなくなったもので、同ディスクには、氏名や住所、生年月日、電話番号のほか、解約した携帯電話番号や管理用コードなどが個人情報が保存されている。クレジットカードや引き落とし口座、通話情報は含まれていなかった。

紛失したディスクは、2007年1月15日に作成したもので、本来施錠管理されるはずだったという。同社では、段ボールに紛れ込むなど、誤って廃棄業者の手に渡った可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を