Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、解約者22万名の情報を含む光ディスクを紛失

KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話サービス「au」の解約者情報を紛失したと発表した。

栃木県内にある同社小山テクニカルセンター内で解約者22万4183名分が保存された光ディスクの所在がわからなくなったもので、同ディスクには、氏名や住所、生年月日、電話番号のほか、解約した携帯電話番号や管理用コードなどが個人情報が保存されている。クレジットカードや引き落とし口座、通話情報は含まれていなかった。

紛失したディスクは、2007年1月15日に作成したもので、本来施錠管理されるはずだったという。同社では、段ボールに紛れ込むなど、誤って廃棄業者の手に渡った可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA