Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

見舞金の受取人に関する個人情報がネット上に流出 - 生協共済会

全国生協役職員共済会が管理する一部個人情報が、ネット上に流出していたことがわかった。口座情報なども含まれていたという。

同会は、日本生活協同組合連合会や関連企業の役職員が加入している福利厚生団体。今回流出が判明したのは、同会が実施している見舞金の支払いに関連した情報で、受給者144名や見舞金の受取人93名の氏名、住所、電話番号、口座情報などが含まれていた。2月1日に受給者から指摘され、流出していることがわかった。

同会では、関係者に対して謝罪、流出の原因や経緯について引き続き調査を進めている。また、日本生活協同組合連合会が提供する「CO・OP共済」では情報流出は発生していないとしている。

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会