Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本政策投資銀行、業務情報含む私用PCが盗難被害 - 職員が無断でデータを持ち出し

日本政策投資銀行は、1月29日に関西支店勤務の職員自宅から取引先企業に関するデータが保存されていたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンには、顧客企業の事業に関わる調査レポート12件や、専門家へのインタビューに関するメモ43件などが保存されていた。

これらのデータは同職員が無断で持ち出し、個人のパソコンに保存していたという。同行では警察に被害届を提出。該当する企業や関係者に対し、説明と謝罪をしているという。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院