Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

花粉情報サービスでメールアドレス2580件が流出 - キッセイ薬品

キッセイ薬品工業は、2月1日にスギ花粉情報の案内を顧客へメールで案内する際、宛先の設定ミスによりほかの受信者のアドレスが表示された状態で送信した。

誤送信が発生したのは、同社が運営する「スギ花粉飛散情報お知らせメール登録サービス」。同サービスでは、春先より飛散がはじまるスギ花粉の飛散状況や同社ウェブサイトの更新などを案内している。

今回、昨シーズンに同サービスを利用した2580名に対し、7グループに分けてサービスを案内するメールを送信したが、その際、メールアドレスを宛先に設定したため、同一グループ内の全アドレスが閲覧できる状態になったという。同社では同日中に説明と謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測