Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生約300名の個人情報含むPCなどが電車内で盗難 - 一橋大学

一橋大学の教員が電車内で盗難に遭い、学生約300名分の氏名や成績などが保存されたパソコンやUSBメモリが鞄ごと盗まれた。

同大学によれば、被害に遭ったパソコンとメモリには、同教員が担当した2005年度、2006年度の講義およびゼミの受講生約300名分の個人情報が保存されていた。学生の氏名、学籍番号、学部、学年、テストやレポートの成績などが含まれている。

同大学の教員が1月30日に帰宅する際、電車内で鞄ごと盗まれたという。被害届を提出したが、2月1日時点ではまだ見つかっていない。同大学では、個人情報の持ち出しを禁止していたが守られていなかったとして、周知徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2007/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から