Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立循環器病センターで患者の個人情報盗まれる - 匿名化ルール守られず

国立循環器病センターは、12月22日に患者の個人情報が保存されたノートを紛失していたことを公表した。

今回の事件は、同センター職員所有のパソコンが院内で盗まれたもの。同職員が12月22日に医局内でノートパソコンがカバンごと所在がわからなくなっていることに気が付いたという。パソコンには、職員が扱った約1100名分の個人情報が保存されていた。含まれる情報は、氏名や生年月日、入退院日時など。検査を実施した患者については検査結果や治療内容なども保存されていた。

保存されていたデータは、いずれも職員個人が入力したデータ。同センターでは、匿名化していない患者情報の持ち出しを禁止していたが、守られていなかった。現在、職員本人や監督責任者への処分を検討しているという。同センターでは、今回の個人情報紛失に加え、麻薬の盗難事件も発覚しており、管理体制が問われそうだ。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト