Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立循環器病センターで患者の個人情報盗まれる - 匿名化ルール守られず

国立循環器病センターは、12月22日に患者の個人情報が保存されたノートを紛失していたことを公表した。

今回の事件は、同センター職員所有のパソコンが院内で盗まれたもの。同職員が12月22日に医局内でノートパソコンがカバンごと所在がわからなくなっていることに気が付いたという。パソコンには、職員が扱った約1100名分の個人情報が保存されていた。含まれる情報は、氏名や生年月日、入退院日時など。検査を実施した患者については検査結果や治療内容なども保存されていた。

保存されていたデータは、いずれも職員個人が入力したデータ。同センターでは、匿名化していない患者情報の持ち出しを禁止していたが、守られていなかった。現在、職員本人や監督責任者への処分を検討しているという。同センターでは、今回の個人情報紛失に加え、麻薬の盗難事件も発覚しており、管理体制が問われそうだ。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス