Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディスカッションにより社員のリスク判断力を高める - 「リスク脳トレーニング」

JMCリスクマネジメントは、グループディスカッション型の研修により社員のリスク認識や判断力を高める教育サービス「リスク脳トレーニング」を提供開始する。

同サービスは、社員のセキュリティ意識やリスクへの対応力を高める教育サービス。「メールの誤送信」、「顧客から電話でパスワードを聞かれた場合」など、身近な事例をテーマにグループディスカッションを実施し、リスクへの認識を高める。

料金は、参加者20名、ディスカッションの進行を助けるファシリテーター1名派遣で26万2500円。参加者40名、ファシリテーター2名派遣で47万2500円。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中