Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューションにPC資産管理機能を追加 - キヤノンSS

キヤノンシステムソリューションズは、クライアントPCの資産管理機能をあらたに搭載した情報漏洩対策ソフト「PCGUARDIAN for Windows Ver.2.0」を、2月6日より発売する。

同製品は、機密情報へのアクセスを監視、制御することで不必要な持ち出しを防ぎ、情報漏洩を抑止するセキュリティソリューション。顧客名簿や機密情報の漏洩が発生した場合には、アクセスログを追跡調査することで原因や経緯を解明することができる。

今回発売となる新バージョンでは、クライアントPCのハードウェア構成やOS情報、インストールされているソフトウェア情報など各種資産情報を一元管理する機能を搭載。パッチの適用やウイルススキャンの有無、スクリーンセーバーロックの有無といった情報も同様に管理できるため、脆弱性のあるPCの発見やセキュリティポリシーの徹底などに活用することもできる。

また、禁止された操作を行った場合の通知機能を強化。ファイルやフォルダの暗号化機能も盛り込んだ。価格は、25ユーザーの場合76万1250円から。年間保守料金15万2250円が別途必要。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ