Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工事受注会社が顧客情報含む工事関係書類を紛失 - エネルギアコム

中国電力とエネルギア・コミュニケーションズは、ISPサービスに申し込んだ岡山県内の顧客情報含む工事関係書類21件を1月27日に紛失した。

紛失した書類は、エネルギアコムから光ファイバーの設置工事を委託された中国電力が作成。同社が工事を担当する再委託先へ提供したが、再委託先社員が自宅へ持ち帰る途中で紛失したと見られている。同書類には、インターネット接続サービスに申し込んだ顧客21名分の氏名、住所、電話番号、工事予定箇所の写真など、個人情報が含まれる。

紛失した翌日に気が付き、同社では捜索を行ったが、1月31日時点ではまだ発見されていない。中国電力とエネルギア・コミュニケーションズでは該当する顧客を訪問の上、謝罪。委託先の管理強化に取り組む。

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市