Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策ソフトを装う押し売りアドウェア、検出数に衰え見せず

ウェブルート・ソフトウェアは、2007年1月に同社が検出したスパイウェアやトロイの木馬、システムモニタを集計、トップ10を発表した。

同社では、従来より日本語へローカライズされたセキュリティ対策ソフトを装うアドウェア「System Doctor 2006」「DriveCleaner」の拡大について警告してきたが、今年に入ってからも勢いは衰えておらず、今月も2位と3位にランクインした。これらソフトは、感染ルートが多彩で、トロイの木馬経由でインストールされるケースもあり、そのような場合は、駆除したあとも検知を繰り返すといった症状が出るという。

また、アダルトサイトの閲覧時に感染するトロイの木馬「Trojan-Downloader-Zlob」
「Trojan Hachilem」についても、多く検出されており、同社では注意を呼びかけている。同社がまとめた検出数トップ10は以下の通り。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:System Doctor 2006
3位:DriveCleaner
4位:Cydoor
5位:GAIN
6位:SearchTool
7位:VirusBurst FakeAlert
8位:180search Assistant/Zango
9位:WhenU SaveNow
10位:Security2k Hijacker

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:Trojan Backdoor FlyYu
5位:UkVideo
6位:Trojan Downloader Matcash
7位:Trojan Agent Winlogonhook
8位:Trojan Rbot
9位:Trojan Busky
10位:Trojan Phisher QQPass

システムモニタ

1位:Skin98
2位:Any@Web
3位:Win-Spy Monitor
4位:Sc-Keylog
5位:Active Keylogger
6位:Sword Keylogger
7位:Trojan Keylogger Lineage
8位:ChatWatch
9位:IsMyMateCheatingOnline Pro
10位:Sturfajtn

(Security NEXT - 2007/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力