Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞が読売新聞のインターネット上の記事を盗用

朝日新聞の一部記事が、読売新聞のウェブサイト上に掲載された記事を盗用したものであることがわかった。

今回問題となった記事は、朝日新聞が30日に配信した一部記事。読売新聞のホームページに1月27日に掲載された記事を、読売新聞カメラマンが盗用していたという。同カメラマンが作成した記事の文面は、元記事から一部単語の並びを変えたり、表現を省略したものだった。

朝日新聞では社内調査を実施、同カメラマンが記事の盗用を認めたため、読売新聞に謝罪した。同社ではさらに調査を実施し、処分を行うとしている。

朝日新聞
http://www.asahi.com/

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か