Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トリトン、EV SSLサーバ証明書を発売 - 特別価格の発売キャンペーンも実施

トリトンは、正規サイトの確認をブラウザで容易に確認できるCOMODO EV SSLサーバ証明書の販売を開始した。

EV SSL証明書は、新しいクラスのサーバ証明書で、IE 7.0などで同証明書を利用したウェブサイトへアクセスすると、アドレスバーがグリーンに変化し、サーバ証明書が利用されていることが視覚的に確認できる。

同社では、今回の発売を記念し、2月20日までキャンペーンを実施。「COMODO EV SSL 1年」を5万6000円、「同2年」を8万8000円、「COMODO EV SGC SSL 1年」を8万円、「同2年」を10万5000円の特別価格で提供する。

トリトン
http://toriton.biz/

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性