Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民票写しの交付制度見直し案、101件の意見が寄せられる

総務省は、住民票の写しの交付に関して検討会を開催、報告書の素案をまとめてパブリックコメントを実施したが、その結果を公表した。

総務省では、住民票の写しの交付制度等のあり方に関する検討会を9月より開催し、個人情報保護を踏まえた制度見直しに向け、本人確認や罰則の強化などを盛り込んだ報告書の素案を用意、意見を募集していた。

今回のパブリックコメントの実施期間は、2006年12月28日から2007年1月15日までと年末年始を挟んだものの、101件の意見が寄せらた。制度化を評価する意見をはじめ、より厳格な制度の実現や慎重な対応、制度化の周知徹底を求める声などが寄せられた。同省では、これら意見を踏まえた上で報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町