Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2006年は迷惑メールの総数が274%増加 - 米SonicWALL調査

2006年中にイメージスパムが500%近い増加を示したことがソニックウォールの調査でわかった。

同調査は、同社が2006年におけるメール関連の脅威をまとめたもので、「SonicWALL Email Security」ユーザーからのレポート、および同社のSMARTLABSネットワークを通じて寄せられたメール利用者の回答を集計した。

迷惑メールの総数は274%の増加を記録。なかでも画像を使用することでスパム対策ソフトをすり抜けるイメージスパムが500%近い増加率を示したほか、企業内のメールアドレス収集を目的としたDHA攻撃も前年比505.6%となった。

さらにbotネットの増加も報告されており、ウイルスに感染し悪意ある第三者によって制御されたゾンビコンピュータからのスパム送信が増加しているという。スパムにおいてなりすましに利用される上位10社はいずれも銀行だった。

また、フィッシングメールは64%増加。手法は巧妙化し、1回の攻撃に業者が送信するメッセージの数が増加している。その他の脅威では、個人情報をねらうスパイウェアやキーロガーが増加した。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起